読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さやさやぶろぐ。

恋愛とディズニーがだいすき。私らしく生きるための重い想いの吐き出し場。

残しておきたかったこと。




おこんばんわ。さやさやです。

どうしても残しておきたかったことがあったのではてなブログ開設してみました。


元々文章書くの好きだからねAmebaもcroozもデコログも開設してるしメルマガ配信やっていた時代もあるんですけどね。少しはてなブログのブーム去った感ありますが気にせず進みましょう。


今回どうしても残しておきたかった内容は関ジャニ∞の元気が出るLIVEについて感じたこと。ただの自己満です。


私が関ジャニ∞を知ったのは2003年の話。元々お母さんがSMAP好きだからジャニーズが出てるテレビ番組をずっと見てて。小学生ながらにNEWSというグループがデビューすることを知り、なんとなく内くんって人かっこいいってなり、お母さんと一緒見てたドラマ僕の生きる道に出てた人なんだ!ってなり、アイドル雑誌を買うようになり、関ジャニ∞ってグループにも内くんいるんだ!って。


でもその頃はNEWSの活動している内くんしか興味がなくて。ちゃんと関ジャニ∞を見るようになったのは東京で番組持ちます!ってなってる記事を見てからだと思います。


東京タワーの麓で内博貴錦戸亮を含む8人が嬉しそうな顔をしている記事を見たときから。


そこから私のがっつりヲタク人生は始まりました。


それからの日々は裏ジャニ録画して、希望〜Yell〜買って、ほんじゃに録画して、紅く燃ゆる太陽買って、関ジャニ∞のデビューが決まって、音楽番組は全部録画して、ジャニーズ野球大会観に行って、感謝二∞っていうアルバムが出て、ごくせんがきっかけでクラスの子と喧嘩して、チェリッシュが発売して、大阪レイニーブルースが発売して、毎週のようにMステに内くんと亮ちゃんが出てて、NEWSのコンサートが決まって、Touchというアルバムが出て、、、


本当にものすごく楽しい日々を過ごすことができた思い出です。お小遣いは全て内くん関連のものに費やしてたな、、


ずっとずっとこんな楽しくて幸せな日々が続くんだと思っていました。彼が事件を起こすまでは。


このことについてはもう何度も何度も書いてきたので省略しますね。わからない人は検索でもしてください。


ずっとグループに戻ってくると思っていました。メンバーだって遠回しに8人アピールしたり、ソロパートも8個あるやつとかあったし、2007年にはステージに8人で並んでいる姿があったから。この日私はお家にいたから見れてないけど。話を聞いてなんでわたしお家にいるのって声を上げて泣いたのも今となっては良き思い出。


しかしながら彼はもうグループに戻ってこないんだなってやっと気づいたのが2009年。ずっと大倉くんが連載の最後に書いてくれてた「8→1」って単語が消えてなんかおかしいなって思っていた2009年。高校一年生の時です。関ジャニ∞のPAZZLE長野公演に入った時に強くそれを感じました。もちろんその前の2008年ではソロでLIVE復帰だったから薄々は気づいていたんだけど、亮ちゃんと特別ドラマやったり、ソロコンにはメンバーが遊びにきてくれたし、グループ時代の曲歌ってたし、関ジャニ∞とNEWSがいるジャニーズのカウコンにも出てたから信じたくなかったんでしょうね。戻ってくると思っていました。


たまたま入った長野公演の前日にメンバーでお酒を飲んでこれからのことを泣きながら語り合ったってMCで話す関ジャニ∞を見てそこでやっと悟った感覚でした。


実際に2009年から関ジャニ∞は東京のジャニーズカウントダウンには出演せず大阪にて単独のカウコンが始まり、内くんと共演することはなくなっていました。


それを悟ったからといって関ジャニ∞を嫌いになるわけでもなく内くんを嫌いになるわけでもなく関ジャニ∞も内くんも両方追いかけてました。酷いときなんてLIVEの時期が重なって一週間のうちにえいとのLIVE、内くんのLIVE、えいとのLIVEみたいな時もあってあいうぉんとまねー状態。


それから内くんは新たな仲間を見つけツアーをやってくれるようにまでに。2011年の夏ツアーの時には事件を起こしたことについての言及がありました。


「よく関ジャニ∞に戻ってほしいって書かれたファンレターをもらうことがあるけど、でも僕はもう後ろを振り返りたくないんすよ。振り返ったら前に進めない」


あぁ、内くんに新たな仲間ができたならそれを応援しなきゃいけないな。これからが楽しみだなって。思っていたのにも関わらず翌年にはどんどん辞めていくバンドメンバーたち。内くんはどうなっちゃうんだろうって。


その一方で関ジャニ∞はどんどん大きくなって。気づかないうちに人気になってて。チケットが取れなくなってて。当たり前のように単独カウコンやっていて。私が好きな関ジャニ∞らしさがなくなっていて。それでも快進撃は止まらなくて。彼らがデビュー当初から言っていた


"8周年は大きなことがしたい"


それを見事にやりとげてくれた2012年。彼らは∞祭、すごはち、8ESTと題してたくさんたくさん過去を振り返ってくれました。すごはちが外れた時は荒れまくって失礼致しました(笑)きっとどこかで期待している自分がいたから譲れなかったんでしょうね。残念ながらすごはちを自分の目で見ることは出来ませんでしたが、うちさやに入って貰いたいって沢山の方が協力してくれたこと今でも感謝しています。ありがとうございました。


∞祭の時に発売されたパンフレットで彼らは内くんについて言及してくれました。ずっとずっと求めていた行動で、これを読んで彼らの心にちゃんと内くんはいたんだって気づけたからもういい加減過去にこだわるのは辞めようって。


思ってはいたものの8周年を迎えた関ジャニ∞の勢いは止まることを知らず紅白に初出場。もう内くんの手が届かない存在になってしまったんだなって。関ジャニ∞は大きくなったんだなって。紅白に出てる内くん見たかったなって。ここまで関ジャニ∞見てきて良かったなって。色々な想いがこみ上げてきて友達何人かと大阪のホテルで紅白見ながら大号泣しました(笑)


次の日8EST最終日。いつもどおりLIVEが進み最後のメンバー挨拶。いつもなら誰か一人なのにメンバー全員挨拶し始めて。やすくんのあぐりーのくだりや丸ちゃんの8年前浪花いろは節でデビューしたって話だけでも涙止まらなかったのに錦戸さんが放った言葉で爆発よ。


「8人の時もありましたしね。うん、彼も彼で頑張ってますし、僕も感謝してます」


言葉はニュアンスだけど。内くんの存在がなかったように進められてきた数年間。もう彼らの口から内くんのこと聞ける日が来るなんて思ってもいなかったし、ましてやずっとずっとずっと隣にいてくれた錦戸さんから聞けるなんて。あの時の京セラドームの重い空気忘れることができません。


たまたまオーラスに入ることができてそれを会場で聞いていた私は立てなくなるほどの大号泣。コンサートで泣くことは良くあるけどあそこまでの大号泣はこの日が最初で最後(笑)(笑)今となっては黒歴史(笑)


この日以来私は自分のペースで緩く関ジャニ∞を追いかけていこうと決めて、内担アピールをすることもなくなり、肩身が狭くなる思いもなくなり、関ジャニ∞が出てきた時に人数を数えてしまう癖もなくなり、ピンク色に反応することもなくなり、緩く楽しく2013年も2014年も関ジャニ∞と共に歩んできました。

 

小学生だった私も今ではすっかり社会人になってしまい忙しい日々を過ごさせて頂いてます。あの事件が起きてから10年経った2015年。何一つ背負うものがない状態で今回の元気が出るLIVE楽しむことができました。アレンジを加えたへぶんりーさいこを歌ってくれている彼らを見て安心感を覚えました。


かつて彼らが言っていた


"俺らのLIVEはコンビニ感覚でいい"


それがようやくわかった気がします。沢山の大切な友達に出会わせてくれた関ジャニ∞には感謝でいっぱいです。これからも自分のペースで緩く楽しく応援させて頂きます!!!






っていうのを2015年のうちに書きたかったけど忙しく年明けてしまったというオチ。あけおめです。