ゆるるっと。

恋愛とディズニーがだいすき。私らしく生きるための重い想いの吐き出し場。

自分らしく楽しく生きたい

 

 

どうもこんばんは。さやさやです。

世間では大型連休とやらで賑わっていますが、そんなもの関係なくお仕事させて頂いてます。

  

社会人3年目にして現在3社目。我ながらゆとりど真ん中だなと感じております。

 

2年前。専門学校を卒業して就いたお仕事は編集アシスタント。ずっと夢に見ていた職種で正社員でした。仕事内容は楽しかったものの36時間拘束は当たり前、明日が仕事なのか休みなのかもわからない、昼も夜もお弁当生活、お家に帰れない、お風呂に入れない。こんな生活をしていました。

 

もちろん話には聞いていたし、そのためにコンビニバイトで夜勤を経験したり、覚悟もありました。でもまだ20歳そこらの女子にはきつくて。周りはみんな大学で楽しんでるのに私はずっとこのままなのかな。彼氏もできずに太っていくのかな。って。

  

"ちゃんとした生活がしたい"

 

その想いが強くなり憧れていた職種を辞めてしまいました。その次に就いた仕事は9:30〜17:00枠で温泉施設のフロントです。これはパートでした。

 

仕事内容は主にお客様にロッカーキーをお渡しして館内の説明をしたり、宿泊予約取ったり、常連さんのお話相手になったりと凄く楽しかった思い出です。

 

ただ観光地ってこともあり客層が良かったとは言えないですけどね。

 

17:00上がりだったので毎日のようにお仕事帰りは飲み歩いてました。とにかく毎日違う人に会って刺激を貰えていましたが、ふと気づいたんです。 

 

"このままじゃダメだな。"

  

いつまでもこんな生活をして実家に住み着くわけにはいかないな、と。そこで次は一人暮らし資金を貯めるために実家から近いところでアパレルの派遣社員になりました。

  

探してみるとアパレルでも派遣社員って結構あるんですね。驚きました。キラキラしてる女性の世界に飛び込んでみて感じたことがあります。

 

"私がやりたいことは販売じゃない"

  

誰かに喜んで貰うことは大好きだし、自分が声かけたお客様が商品を買ってくださるのは嬉しいけどやっぱりメディアに携わるお仕事がしたいなって感じてしまったんです。

 

石の上にも三年という言葉がありますが、私は三年経ったところで辞めるならいつ辞めても同じだと思っているので周りから非難されることもしばしばありますがこんな生き方もありかな、と前向きに生きてます。

  

そもそも外に出て働くことが向いてないんですけどね!(笑)

 

だから新卒で社会に出た同い年の子たちに伝えたい。辞めることも一つの手だよって。

 

転職したらした分だけ自分の得意な仕事や苦手な仕事が見つかってきます。経験を重ねてどんな日々を過ごしたいかが見えてきます。転職しても相性が合えば前の職場の人と連絡取り合えます。

 

好きなように自由に生きたい。私はいつだってこう思っています。仕事が嫌だからって線路に飛び込みとかしちゃだめだよー!!!残された遺族に多額な借金が残るだけだからねー!!!!!何よりも電車遅延やめてー!!!!!

 

 

以上。またふらっと書きにきます。